早稲田大学一年生のApple調査隊

しがない理系大学生がAppleについて思ったことをそれとなく述べます。☆をつけたり読者になってくれたりすると跳ねて喜びます。

iPhoneのカメラ使いこなせてる!?意外と知られていない使い方まとめ

 iPhoneを持っている人ならばカメラでの写真撮影はよく使う機能でよね。

もっと多くの機能を知っていれば写真の幅が広がり、いろんな写真を人と共有することができますね!!
 今回は、意外と知られていないiPhoneのカメラ機能についてまとめて見ました!!

f:id:Abel_elliptic:20170824220658p:plain

 

 目 次  

 

 

 

【暗くても綺麗に 明るさ調節】

  カメラの画面をタップし、上下に指を動かすことで明るさの調節ができます。

f:id:Abel_elliptic:20170824223451p:plain


 厳密には露光調節を行なっています。画像のデータごとに明るさを調節するものです。

  今回の被写体は百均フォーク君です。これからも登場する今日の主役になります。(これしか無かったの、ごめんね。)

 

【ピントを一点に フォーカスロック】

  カメラの画面を長押しすることでフォーカスをロックすることができます。ファーカスをロックすることでiPhoneを動かしてもピントの位置が固定されるようになります。

f:id:Abel_elliptic:20170824225627p:plain

 
 フォーカスロック状態になると AE/AFロック と表示されます。もちろんこの状態からも明るさ(露光)調節を行うことができます。


【光の具合を綺麗に HDR機能】

 iPhoneHDR機能とは、一度に露出が異なる3枚の写真を撮影し、それらを合成することで肉眼で見るものと近い仕上がりにする機能です。画面上部のHDRをタップすることでHDR機能を使うことができます。

f:id:Abel_elliptic:20170824230800p:plain
f:id:Abel_elliptic:20170824230950j:plain

 (写真:GIZMODEより)


 この機能はiOS 4.1から搭載されるようになりました。夜空なんかを綺麗に肉眼で見るレベルで撮れたら最高でしょうね。一緒に行く相手募集してます。 


【常に最高の一枚を LIVE Photo機能】

 LIVE Photoはシャッターの瞬間の前後1.5秒の映像と音声を保存する機能です。この機能はiPhone6s以降のiPhoneに対応しています。 前後3秒間の中で最高の一枚を選べるようになります。 画面上部のなんか丸いボタンをタップすることでLIVE Photo機能を使うことができます。

f:id:Abel_elliptic:20170824232410p:plain


 写真撮影後、プレビューで確認するとただの写真にしか見えませんが、画像を長押しすることで映像が見られます。しかし、好きなところを抜粋することはできないようです。抜粋を目的とするのなら、バーストモードで撮影する方が有効だと思います。

 ではどのようにLIVE Photoを活用するのか。LIVE Photoで撮影した映像は壁紙に設定することができます。写真から画像を選択し、共有→壁紙に設定でできます。

f:id:Abel_elliptic:20170824234314p:plain


 ロック画面に設定すると画面を長押しすることで映像を再生できます。

 

 

 

【iPhone7 plusの特権 ポートレート機能】

 iPhone7 plusにはカメラが二つ付いています。この二つのカメラを利用することによって、被写体の背景をぼかす被写界深度エフェクトを掛けることができます。これがポートレート機能です。

f:id:Abel_elliptic:20170824235509j:plain


一眼レフ並みの機能ですが、これにはちょっとした条件が必要です。

 ・iOS10.1以上

 ・ 30cm以上 2.5m以内に被写体を収める

 ・ある程度の明るさ(F2.8くらい)が必要

 ポートレートで近い被写体を撮るのはかなり難しいです。料理を撮ろうとしても座席が狭いと上手くいかないことが多々あります。ですが、この機能を使うと写真の幅がグッと広がり、撮影が楽しくなります。また、iPhone7s plusやiPhone8でもデュアルカメラ実装が予想されていますので、機種変を予定している方はぜひデュアルカメラのiPhoneにすることをお勧めします。

【まとめ】

 InstagramなどのSNSで画像を投稿する際に、どんなフィルターでエフェクトを掛けるのか知ることでフォロワーにより多くの感動を共有できるようになるので、ぜひ実践して見てくださいね!!!

 

 では。 

 

こちらの記事も読まれています。

 

abel-apple.hatenablog.com

abel-apple.hatenablog.com