早稲田大学一年生のApple調査隊

しがない理系大学生がAppleについて思ったことをそれとなく述べます。☆をつけたり読者になってくれたりすると跳ねて喜びます。

速報!Appleの発表!!まとめ 2017/9/12

 2017年9月12日(日本時間の13日午前2時)にAppleのSpecial Eventが行われました。その内容をまとめました。

Apple 発表 2017

 

 

 

 Index 

 

【Watch OS4】

 9月19日に提供を開始します。 これにより心拍数の測定(Apple Heart Study)が可能になります。動作に合わせた心拍数の変化を検知します。運動後や休憩中の心拍数も測ります。心拍数を測ることで、重大な病気予防に繋がります。

 

Apple Watch Series3】

Apple Watch Series3

 より健康的に生活するためのデバイスになりました。ロレックスを超えて世界一のウォッチになるとApple CEOのTim氏は述べました。その機能は以下の通りです。
  

  ・Celler機能搭載
 iPhone無しで通信や通話をすることができます。電話番号はiPhoneと同じものを使用します。画面自体がアンテナになり、SIMの小型化に成功し、Series2と同じサイズにになりました。そのため、手に何も持たなくても通話をすることが可能になりました。また、Apple Watchに4000万曲もの曲を入れることができるようになるので、音楽ライフが一新されます。

  ・動作の高速化

 デュアルコアにより動作が70%高速になりました。また、 Wi-fiチップの強化により85%早くなり、ブルートゥース50%高速になりました。

  ・ワイヤレス充電に対応

 新しいワイヤレス充電インターフェース(AirPowre)に置くことで充電することができます。

 価格

Celler搭載Apple Watch Series3とCeller非搭載があり、
 Celler搭載は$399(=¥44,000)で、
 Celler非搭載は$329 (¥36,000)です。
また、Series1が値下がりし、$249(=¥27,500)になりました。

 予約開始日と販売開始日

 予約は9月15日からスタートで、販売開始は9月22日です。

Apple TV 4K】

Apple TV 4K

 大きく二つの新機能があります。

  ・画質が4K HDR
  HDRの技術を4Kに搭載し、色合いが綺麗になりました。

  ・A10Xチップ搭載
  CPU速度は2倍になり、GPU速度は4倍になり、Apple TVでのゲームが登場しました。

 価格

 価格はフルハイビジョン版と同じ価格(32GBモデル 19,870円 ,64GBモデル 26,780円)で、フルハイビジョン版をお持ちの方は4K版との無償交換を行います。

 予約開始日と販売開始日

 9月15日に予約受付開始し、9月22日に販売開始です。 

 

 

【Flower】

 Apple TVで遊ぶことができるゲームです。Siriのリモートコントロールで雲の上を飛ぶことができます。8人の通信マルチプレイが可能な冒険ゲームです。テーマは『光と影』。

Flower Apple

 iPadiPhone版は今年の冬に公開されます。 

 

iPhone 8,iPhone 8 Plus】

iPhone 8

◆ボディ

 iPhone8はシルバー、スペースグレー、ゴールドフィニッシュの3色展開です。レイヤー強度が50%強くなり、背面のガラスは最も強度があるガラスを使用しています。

 

◆新たな機能

 1.スピーカー強化

 内臓スピーカーが進化し、25%大きな音量を流すことができるようになりました。


 2.チップ強化

 新チップA11 BIONICを搭載します。A11チップは6Core CPUで、A10より25%早く動作し、効率が70%早くなります。さらにGPUが30%早くなりました。秒60コマでレンダリングすることができ、3DゲームやMetal2をサクサク使うことができます。

 3.カメラ強化

 iPhone 8 Plusにはデュアルカメラを搭載し、ポートレート機能はよりシャープに実物に近い写真を残すことができるようになりました。背景や顔にフォーカスをすることで、光の効果を写真を撮るときに変化させることができます。また、1秒間に200万のドットで撮ることができ、スローモーションも1080p 240fpsで撮影することができます。

 4.AR機能搭載

 そして、AR機能が搭載します。ジャイロ機能と加速度センサーを搭載します。これにより、空にマップを表示させることができます。

 5.ワイヤレス充電対応

 iPhone8はワイヤレス充電が可能になりました。これにより、外出先でも容易に充電が可能になりました。

 価格

 iPhone 8は$699(=¥77,000)
 iPhone 8 Plusは64GBと256GBがあり、$799(=¥88,000)からの販売になります。

 予約開始日と販売開始日

 9月15日に予約受付開始し、9月22日に販売開始です。 

 iOS 11は9月19日から配信です。

 

 

【ARゲーム Machines】

  ARを使用した6人マルチゲームです。テーブルをステージとして、敵を倒します。実際の風景を元にゲームが展開していきます。遮蔽物により音響の変化を感じ取ることができます。

AR Machines

 右側の男性が撮影している机の上が、スクリーンの画面のように表示されます。

  

iPhone X】

iPhone X

 ◆ボディ
 ボディはステンレスでできていて、カラーはブラックとホワイトの2色展開です。。Super Retina Displayを搭載しています。横が5.8inchで、2436×1125のディスプレイ解像度です。458ピクセルの64bit 6coreもの性能を誇ります。有機ELディスプレイを搭載し、色を鮮明に表示することができ、ベゼルがディスプレイになったので大きな画像を楽しむことができます。スワイプアップでHomeやマルチタスキングに戻ることができ、またサイドボタンをクリックすることでSiriを起動させることができます。

 

 ◆新たな機能
 1.Face ID(顔認証機能)
 スクリーンをタップすることでiPhoneを起動することができ、Face IDでアンロックすることができます。これは多くのカメラやセンサーシステムテクノロジーが搭載し、高いセキュリティーを誇ります。Neural engineチップを搭載することでFace IDで顔を認識することができます。帽子をかぶってもメガネをかけても、顔が成長しても顔を認識することができます。もちろん画像やプロが作ったマスクや双子でも誤認識することはありません。TouchIDは5万回に1回誤認識があると言われていましたが、Face IDは100万回に1回の誤認識制度を誇ります。Apple PayなどのワンパスワードにもFaceIDを使うことができます。

 2.AR機能
 Animojiという絵文字をアニメーション化した機能を使うことができます。50ものユーザーの顔の表情を認識します。これはApple Messageで使うことができます。

 3.カメラ

 iPhone 8と同様にポートレートを使うことができます。

 4.ワイヤレス充電

 iPhone 8と同様にワイヤレス充電を使うことができ、バッテリー駆動時間はiPhone 7よりも2時間長くなりました。

 価格

 64GBと256GBがあり、$999(=¥110,000)からの販売になります。

 予約開始日と販売開始日

 10月27日に予約受付開始で、11月3日から販売開始です。

 

【ワイヤレス充電機 Air Power】

Air Power

 iPhone 8やiPhone X,Apple Watch Series3,Air Podsに対応したワイヤレス充電機です。Air Powerは来年発表予定になります。

 

Apple 新製品

 今期のiPhoneシリーズは全部で5種類になります。


では。

 こちらの記事も読まれています。

 

iPhone8について噂をまとめて見た

 2017年の9月に新しいiPhoneの発表がされます。新作iPhoneについての噂をまとめて見ました!!

 

 

 発表されるデザインは 7s , 7s plus , 8

 2017年はiPhone発売10周年です。そのため、『sシリーズ』の販売は無い予定でした。しかし、iPhone 8の値段が高すぎるため、 価格を抑えたiPhone 7s , 7s plusをマイナーアップデートとして発表するようにするみたいです。そのため、iPhone8 plusやiPhone8 Editionの発表はないとも言われています。

 

 7s , 7s plus , 8の共通する特徴

 7s , 7s plus , 8には共通する特徴があります。新しく実装される機能についてまとめました。

  1. ワイヤレス充電対応

 Apple Watchと同様なワイヤレス充電に対応します。この充電器は給電性能が7.5Wと言われています。ワイヤレス充電はiOS11.1以降にて対応すると言われており、対応後に充電器が発売になるもようです。充電器の価格は$200 (約¥22,000)と言われています。

  2. デザイン

 iPhone7sとiPhone8のデザインにそれほどの違いはなく、ほぼiPhone7と同じだと言われています。また、ワイヤレス充電に対応させるために背面がガラス製になるそうです。

  3. A11プロセッサ

 最新プロッセッサのA11が搭載されます。ベンチマークはシングルコアが4600と4300の間でマルチコアが8500と7000の間と言われています。シングルコアのこの数値はiPad ProのA10X Fusionプロセッサよりも高い数値になっております。

  4. 高速充電には別途USB-Type Cの電源アダプタが必要

 iPad Proと同様に高速で充電させるにはUSB-Type Cの電源アダプタが別途必要になります。

  5. イヤホンジャックがない

 iPhone7以降、イヤホンジャックの復活はないみたいです。Air Podsを提供している以上、当然といえば当然ですが...

 

 7s , 7s plus , 8の違い

 新しく実装される機能で、こんなに共通点があります。では7sと8では何が違うのかまとめました。

 

  1. 画面

 iPhone7sの画面は今まで通りの液晶ディスプレイ(TFT液晶)です。一方でiPhone8は有機EL(OLED)を使った画面になります。これにより、従来よりも消費電力を抑えることができます。iPhone8には左右のベゼル(縁)がなくなります。

  2. Touch ID(指紋認証)

 iPhone7sには今まで通りホームボタンにTouch IDが搭載されます。しかし、iPhone8は有機ELが搭載された関係でTouch IDが非対応になります。また、背面のAppleロゴマークにTouch IDが搭載されるのでは?という噂もありましたが、製造写真を見る限りその可能性も低そうです。

  3. カメラ

 iPhone 7sにはシングルカメラ、iPhone 7s plusとiPhone 8にはデュアルカメラが搭載されています。iPhone7s plusはiPhone7 plusと同様に横にカメラが並びますが、iPhone 8は縦にカメラが並びます。

f:id:Abel_elliptic:20170828235619j:plain

画像:http://www.express.co.uk

 

  4. 顔認証

 Touch IDが廃止される代わりにiPhone8には顔認証機能が搭載されると言われています。この顔認証機能は3Dで認証するため画像などでの誤作動は生じないと言われます。また、瞬時に顔を認証し、ユーザーはストレスフリーにロック解除や支払いができるようになります。

 

 iPhone 8の価格

 iPhone7 32GBが¥72,800でiPhone7 plus 32GBが¥85,800に対し、iPhone 8は最低でも$1,000以上 = ¥110,000以上ではないかと言われています。値段が高すぎるため、iPhone7s ,7s plusは価格を抑え、iPhone7 ,7 plusの価格と同等かそれ以下になると言われています。

 iPhone 8のカラー

 iPhone7は5色のカラー展開になっていました。ですが、iPhone8は3色のみのカラー展開になると言われています。

  • ブラック
  • シルバー
  • ブラッシュゴールド

 7の時のジェットブラックがあまりいい評価でなかったのが起因しているかもしれませんね。また、選択肢が多いことで消費者に『購入しない』という心理が働く現象がありますので、その対策かもしれませんね。

f:id:Abel_elliptic:20170828235840j:plain

 画像:https://twitter.com/EveryApplePro/status/897630135989542916


 iPhone 8の大きさ

 iPhone7は4.7インチであったのに比べ、iPhone8は5.0インチと大きくなると言われています。 

f:id:Abel_elliptic:20170829000706j:plain

 画像:https://www.idropnews.com/iphone-8/leak-confirms-iphone-8-will-larger-iphone-7-every-way/41524/

 

 

 いかがだったでしょうか? iPhone6を使っている方はそろそろ機種変更をしようと考えているころではないだと思います?この記事を見て7sにするのか8にするのか。はたまたSEにするのか考えて見てください。

 

 

※追記

発表内容が確定しました!

詳細はこちらの記事をご覧ください。

abel-apple.hatenablog.com

 

iPhoneでフォトムービーを作ろう iMovie講座

 iPhoneでフォトムービーを作ろう iMovie講座

 

 今回はiPhoneのアプリ、iMovieを使って簡単なフォトムービーの作り方について解説します。

 

f:id:Abel_elliptic:20170826232852p:plain

 

 

【まずはiMovieを起動】

 iMovieを開くとこんな画面になります。プロジェクト作成をタップします。

f:id:Abel_elliptic:20170826221541p:plain

 するとこんな画面になるので、ムービーを選択しましょう。

f:id:Abel_elliptic:20170826221548p:plain

 そうするとメディア選択画面になるので、編集したいメディアを選択してムービーを作成をタップします。

f:id:Abel_elliptic:20170826222546p:plain

 メディアが全て画像のときは、自動でトランジションとKey Burnsを加えてくれます。

トランジションとKey Burnsについての詳しい説明は、こちらの記事に説明が書いてあるので参照してください。

abel-apple.hatenablog.com

【編集してみる】

 タイムラインに画像が並びました。

f:id:Abel_elliptic:20170826221555p:plain

【BGMを挿入する】

 次にBGMを挿入しましょう。画面左側の + ボタンをタップ。

f:id:Abel_elliptic:20170826221604p:plain

  オーディオを選択します。

f:id:Abel_elliptic:20170826221609p:plain

 テーマ曲やサウンドエフェクトをタップするiMovieにもともと入っている音楽を使うことができます。また、iTunesに保存されている音楽やPCからiPhoneに送った音楽を使うこともできます。

f:id:Abel_elliptic:20170826221619p:plain

【BGMをフェードアウトさせる】

 タイムラインに表示されている緑色の線がBGMになります。このままでは、BGMの時間が長いため、途中でブツッと音楽が切れる感じに終わってしまいます。なので、フェード加工を行います。

f:id:Abel_elliptic:20170826221629p:plain

 音楽クリップを選択すると、画面下にツールバーが表示されます。

f:id:Abel_elliptic:20170826221640p:plain

  スピーカーマークをタップすると画面右下にフェードという文字が表示されました。これをタップします。

f:id:Abel_elliptic:20170826221650p:plain

  すると音楽クリップのスグ上に黄色い三角形が表示されました。これを左にスライドさせることで、BGMのフェードができます。

f:id:Abel_elliptic:20170826232128p:plain

 ここから先はさらに細かい設定になります。動画にこだわりを持ちたい方は続けてご覧ください。

 これで動画が完成!!という方は『完成動画を保存・共有する』に進んでください。

 

【動画をフェードアウトさせる】

 次に動画のフェードインとフェードアウト加工を行います。この加工を行うかどうかは正直、そこまで重要ではありませんが、こうすることで"フォトムービー感"が出ます。

 何も選択していない状態から画面右下のギアマークをタップします。

f:id:Abel_elliptic:20170826232246p:plainf:id:Abel_elliptic:20170826221728p:plain

 『黒からフェードイン』と『黒へフェードアウト』の項目にチェックをつけます。これで動画がフェードイン、フェードアウトするようになりました。

 

トランジションを編集する】

 次にトランジションの設定を行います。

f:id:Abel_elliptic:20170826221736p:plain

 クリップとクリップの間にある黄色く枠取られたマークをタップすると、画面下にトランジションツールバーが表示されます。ここでトランジションの種類やトランジションの作用時間を変更できます。

【Key Burnsを編集する】

 次にKey Burnsの設定を行います。

f:id:Abel_elliptic:20170826221750p:plain

 画像クリップを選択すると、画面上のプレビューの右下の『ピンチで終了位置を設定▶︎|』となっています。この状態の時に、プレビュー画像をスライドやピンチさせることでKey Burnsが終わる状態を設定できます。また、『 |◁』タップするとKey Burnsが始まる状態を編集できます。

f:id:Abel_elliptic:20170826221800p:plain

  また、『Key Burnsオン』状態になっているので、『Key Burnsオン』をタップすると、Key Burnsをオフにできます。

【完成動画を保存・共有する】

f:id:Abel_elliptic:20170826221810p:plain

 動画が完成したら、画面左上の完了ボタンをタップし完成です。

f:id:Abel_elliptic:20170826221815p:plain

 プレビューボタンや画面下のYoutubeみたいなボタンを押すことで、作成した動画を視聴できます。気に入らない場合は編集ボタンで再度編集作業をすることができます。画面下のゴミ箱で、このプロジェクトを削除します。共有ボタンで 動画の保存やSNSへの共有ができます。

f:id:Abel_elliptic:20170826221823p:plain

 

今回作った完成動画はこちらになります。全ての素材がフリ素になっております。

  iMovieについて質問などあればコメントおまちしております。気軽にコメントしてください(^ ^) 

 

 

 

 

Macユーザー必見!!!手軽にフォトムービーを作る方法 ~iMovie~

 持っている画像や動画を編集して、フォトムービーを作り家族や仲間と思い出を共有できたら素敵ですよね。今回はMacにもともと入っているiMovieを使って簡単なフォトムービーの作り方をご紹介します!!!

f:id:Abel_elliptic:20170826232852p:plain

 

 

【まずはiMovieを起動】

 アプリケーション一覧からiMovieを開くとこんな画面になります。

f:id:Abel_elliptic:20170825230251p:plain

 ここで新規作成をクリックし、ムービーをクリックします。

ちなみにムービーの下の『予告編』とは、前もって与えられる”型”に写真素材や動画素材を当てはめてショートムービーを作るものです。これは自由度が少ないですが、動画編集の基礎を学ぶには良い練習になります。

f:id:Abel_elliptic:20170825230256p:plain

 

【ファイルの読み込み方】

 動画素材を読み込みます。『↓』を押すことでPC内のメディアを読み込むことができます。

f:id:Abel_elliptic:20170825230259p:plain

 するとこのような画面が出て来ます。 f:id:Abel_elliptic:20170825230304p:plain

 フォルダを開き、ファイル選択します。

f:id:Abel_elliptic:20170825230309p:plain

  読み込む を押します。

 

【さあ編集していこう】

f:id:Abel_elliptic:20170825230316p:plain

 この部分に読み込んだメディアが表示されます。(この場所をプロジェクトライブラリと言い、表示されているものをクリップと言います。)

f:id:Abel_elliptic:20170825230323p:plain

 このようにクリップをドラッグ&ドロップすることで動画を作ることができます。(下の場所をタイムラインと言います。)動画は左から右に流れて作られていきます。
 画像素材はタイムラインに入れた時に、自動で画像を拡大から縮小(縮小から拡大)や右から左(左から右)というエフェクト(Key Burns)をかけます。具体的にどのようになるかは一番下の完成動画をご視聴ください。

f:id:Abel_elliptic:20170825230330p:plain

 クリップを選択し、その端をクリック&左右に移動させることで動画の長さを変更できます。この長さによってKey Burnsの速さが変わるのが確認できます。

 

トランジションを入れてみよう】

f:id:Abel_elliptic:20170825230335p:plain

 次に動画と動画の間の変わり目を編集します。この編集をトランジションと言います。トランジションをクリックすると、様々なトランジションがあります。こいつらをマウスカーソルでなぞるとそのトランジションのプレビューを確認することができます。

f:id:Abel_elliptic:20170825230340p:plain

 

【BGMを挿入しよう】

 次にBGMを取り込みます。先ほど同様に『↓』を押して、素材を取り込みます。

f:id:Abel_elliptic:20170825230346p:plain

 緑色の波形クリップが音声ファイルです。

f:id:Abel_elliptic:20170825230349p:plain

 BGMが長すぎる場合は音声をカットしましょう。カットはコマンド⌘+B でできます。

f:id:Abel_elliptic:20170825230354p:plain

 カットして余った部分はdeleteキーを押して削除しましょう。

f:id:Abel_elliptic:20170825230359p:plain

 

【BGMをフェードアウトさせよう】

 しかし、BGMをカットしてしまうと不自然に音楽がブチっと切れてしまいます。そのため、フェードアウト加工をします。クリップの一番右側から少しだけ左にマウスカーソルを動かすと丸いボタンが出て来ます。徐々に音量が小さくなっていきます。これも完成動画を見て確認して見てください。

f:id:Abel_elliptic:20170825230403p:plain

【動画を書き出そう】

 編集した動画は、編集して終わりではありません。書き出すことでようやく動画ファイルが出来上がります。画面右上の共有ボタンを押しましょう。

f:id:Abel_elliptic:20170825230408p:plain

 私がよく使うのはTheaterとYoutubeとファイルです。

・Theater ... iMovie内に今まで作ってきた動画を保存し一覧にまとめる。これによって動画ファイルを削除してもいつでもここからダウンロードすることができるようになる。

Youtube ... 動画をYoutubeに直接公開します。チャンネル情報を前もって登録しておく必要があるけど、Youtubeに公開したいときはかなり便利。

・ファイル ... 動画ファイルを書き出す。拡張子が.mp4なのでMacでもiPhoneでもAndroidでもWindowsでも再生できる万能ファイルで書き出せます。

 今回はファイルで書き出して見ます。

f:id:Abel_elliptic:20170825230413p:plain

 ファイルに好きな名前を書き入れて完成です。お疲れ様でした。

f:id:Abel_elliptic:20170825230417p:plain

 

【完成動画】

 今回はフリー素材を集めて作ってみました。出来上がったものがこちらです。

  動画編集はMacの基本操作を高速にさせます。相当Mac操作に慣れますので、全体的に作業の効率化が計れるのでおすすめです。さらに、動画編集スキルはもっていて損はなく、むしろ人生で役立つ場面が多くあります。おそらく、動画編集スキルをもっている人ならば誰しもが思うことではないのでしょうか?

 

 iMovieについて質問などあればコメントおまちしております。気軽にコメントしてください(^ ^)

 

iPhoneのカメラ使いこなせてる!?意外と知られていない使い方まとめ

 iPhoneを持っている人ならばカメラでの写真撮影はよく使う機能でよね。

もっと多くの機能を知っていれば写真の幅が広がり、いろんな写真を人と共有することができますね!!
 今回は、意外と知られていないiPhoneのカメラ機能についてまとめて見ました!!

f:id:Abel_elliptic:20170824220658p:plain

 

 目 次  

 

 

 

【暗くても綺麗に 明るさ調節】

  カメラの画面をタップし、上下に指を動かすことで明るさの調節ができます。

f:id:Abel_elliptic:20170824223451p:plain


 厳密には露光調節を行なっています。画像のデータごとに明るさを調節するものです。

  今回の被写体は百均フォーク君です。これからも登場する今日の主役になります。(これしか無かったの、ごめんね。)

 

【ピントを一点に フォーカスロック】

  カメラの画面を長押しすることでフォーカスをロックすることができます。ファーカスをロックすることでiPhoneを動かしてもピントの位置が固定されるようになります。

f:id:Abel_elliptic:20170824225627p:plain

 
 フォーカスロック状態になると AE/AFロック と表示されます。もちろんこの状態からも明るさ(露光)調節を行うことができます。


【光の具合を綺麗に HDR機能】

 iPhoneHDR機能とは、一度に露出が異なる3枚の写真を撮影し、それらを合成することで肉眼で見るものと近い仕上がりにする機能です。画面上部のHDRをタップすることでHDR機能を使うことができます。

f:id:Abel_elliptic:20170824230800p:plain
f:id:Abel_elliptic:20170824230950j:plain

 (写真:GIZMODEより)


 この機能はiOS 4.1から搭載されるようになりました。夜空なんかを綺麗に肉眼で見るレベルで撮れたら最高でしょうね。一緒に行く相手募集してます。 


【常に最高の一枚を LIVE Photo機能】

 LIVE Photoはシャッターの瞬間の前後1.5秒の映像と音声を保存する機能です。この機能はiPhone6s以降のiPhoneに対応しています。 前後3秒間の中で最高の一枚を選べるようになります。 画面上部のなんか丸いボタンをタップすることでLIVE Photo機能を使うことができます。

f:id:Abel_elliptic:20170824232410p:plain


 写真撮影後、プレビューで確認するとただの写真にしか見えませんが、画像を長押しすることで映像が見られます。しかし、好きなところを抜粋することはできないようです。抜粋を目的とするのなら、バーストモードで撮影する方が有効だと思います。

 ではどのようにLIVE Photoを活用するのか。LIVE Photoで撮影した映像は壁紙に設定することができます。写真から画像を選択し、共有→壁紙に設定でできます。

f:id:Abel_elliptic:20170824234314p:plain


 ロック画面に設定すると画面を長押しすることで映像を再生できます。

 

 

 

【iPhone7 plusの特権 ポートレート機能】

 iPhone7 plusにはカメラが二つ付いています。この二つのカメラを利用することによって、被写体の背景をぼかす被写界深度エフェクトを掛けることができます。これがポートレート機能です。

f:id:Abel_elliptic:20170824235509j:plain


一眼レフ並みの機能ですが、これにはちょっとした条件が必要です。

 ・iOS10.1以上

 ・ 30cm以上 2.5m以内に被写体を収める

 ・ある程度の明るさ(F2.8くらい)が必要

 ポートレートで近い被写体を撮るのはかなり難しいです。料理を撮ろうとしても座席が狭いと上手くいかないことが多々あります。ですが、この機能を使うと写真の幅がグッと広がり、撮影が楽しくなります。また、iPhone7s plusやiPhone8でもデュアルカメラ実装が予想されていますので、機種変を予定している方はぜひデュアルカメラのiPhoneにすることをお勧めします。

【まとめ】

 InstagramなどのSNSで画像を投稿する際に、どんなフィルターでエフェクトを掛けるのか知ることでフォロワーにより多くの感動を共有できるようになるので、ぜひ実践して見てくださいね!!!

 

 では。 

 

こちらの記事も読まれています。

 

abel-apple.hatenablog.com

abel-apple.hatenablog.com

 

 

 

Apple Musicって意外と便利?Apple Musicについてまとめてみた!

Appleが提供するミュージックアプリのApple Music

その正体についてまとめました! 

f:id:Abel_elliptic:20170823221111p:plain

 

 目 次  

 

 

Apple Musicの概要】

 Apple MusicはApple社が提供しているミュージックアプリです。
Apple社が提供するミュージックアプリにiTunesがありますが、違いは以下の通りです。

Apple Musicは

  1. 月額料金を払う
  2. 音楽聴き放題
  3. 音楽を聴くには通信が必要
  4. 歌詞が見れる
  5. 映画は観られない
  6. ラジオが聴ける

詳細については後で述べます。

 

【対応機種】

 Apple Musicはほとんどの機種に対応しています。驚いたのはAndroid端末にも対応していることです(一部の機能が使えないみたいですが)。

f:id:Abel_elliptic:20170823214428p:plain 

【楽曲数】

 他の会社が提供するミュージックアプリとの楽曲数と比較して見ました。どれも月学はほとんど変わりませんが、無料会員だと広告が表示されたり物によって様々なようです。

 1.LINE Music 

  2,400万曲以上に対応

 2.Google Play Music

  3,500万曲以上に対応

 3.Prime Music

  100万曲以上に対応

 4.Apple Music

  3,000万曲以上に対応

 Apple Musicはミュージックアプリの中でも楽曲数が多い物なんですね。

 

【金額】

 Apple Musicは月学料金を払うことで使用することができます。また、3ヶ月のト無料使用期間が設けられています。料金プランが3種類あります。

 ◆個人メンバーシップ

  ¥980/月 でApple Musicの全ての機能を使える基本プランです。

 ◆ファミリーメンバーシップ

  ¥1,480/月 で最大6人がApple Musicの全ての機能を使えます。ただし、iCloudのファミリー共有設定をしていることが条件になります。

 ◆学生メンバーシップ

  ¥480/月 で大学、高等専門学校、専門学校に在学する学生がApple Musicの全ての機能を使えます。

 

 

 

【特徴】

 Apple Musicはストリーミング配信なので、通信が利用できない場所では再生できません。また、通信料を食ってしまうのでストリーミング再生をする際はWi-fi環境で行うことをオススメします。

 でもご安心ください。端末にダウンロードすることでオフライン再生が可能になります。
 また、歌詞が用意されている曲であれば、表示することができます。iTunesで歌詞を表示させるには外部ツールを使用しなくてはいけなかったので、これは嬉しいサービスです。
 曲種は全体的に洋楽に偏っているように思えます。そして、聴き放題であるため新たな曲の開拓をすることができます。何よりApple製品との互換性が強いため、安定した音質が手に入れられます。

 

【音楽番組を生配信 Radio】

  世界のどこにいても同じ音楽番組を見ることができます。Apple公式が取り上げている『Beats1』は24時間毎日 ロス、NY、ロンドンのスタジオから世界100カ国以上に向けて配信している音楽番組です。他にもJ-POPやK-POP、洋楽を放送する番組もあります。

 

【曲をオススメしてくれる For You】

 好きなジャンルやアーティストを答えることでユーザーに沿った楽曲を提供する機能です。
 For You を通じてステーション機能を使うことができます。ステーション機能とはユーザーが聞いている曲と同じアーティストの曲やジャンルの似ている曲を自動で流してくれる機能です。これはライブラリ外からも選曲されます。音楽聴き放題ならではのサービスです。

 

 

 いかがだったでしょうか? Apple watch 3がSIM対応になるという噂から、Apple Musicの聴き放題放題はApple watchと組み合わせることで最強になるかと思います。曲数も多いため、洋楽好きにはお勧めできるサービスです。

 

では。

 

iMac ProによってAppleは崩壊する!?

  どうも。Apple大好き あーべる です。

今回はAppleiMac Proを販売することで衰退していく理由を、経営学を中心に考えてみました。

 

目 次

 

 

 

 ◆iMac Proのスペック

 まずはiMac Proのスペックをおさらいしておきましょう。

f:id:Abel_elliptic:20170821172017p:plain

 

iMac Proのスペック

 ◆CPU
  8コア or 10コア or 18コアのXeonプロセッサ
  最大4.5GHzのTurbo Boost
  最大42MBのキャッシュ
   ※Turbo Boostとはプロセッサを自動的に定格の動作周波数より高速で動作させる機能

 ◆GPU
  Radeon Pro Vega
  11テラフロップスの単精度
  22テラフロップスの半精度
  8GB or 16GBの高帯域幅メモリ
  400GB/sメモリ帯域幅


 ◆メモリ
  32GB or 64GB or 128GB
  2,666MHz DDR4 ECC

 ◆ストレージ
  1TB or 2TB or 4TBのSSD
  3GB/sのスループット


 ◆インターフェース
  Thunderbolt 3(USB-C)ポート x 4
  最大4,400万ピクセル
  10Gb Ethernet

 
 ◆ディスプレイ
  27インチ(対角)Retina 5Kディスプレイイ
  500ニト
  43%明るさが向上
  5,120 x 2,880ピクセル解像度、数十億色以上対応
  広色域(P3)

 

あ  た  ま  が  お  か  し  い 

 

なんだこのオーバースペック!!!!

ちなみに最低価格は$4,999 (約55万円)

 

ですよねー...そのくらいしますよね....

 


Appleは公表していませんがiMac Proをフルスペックにした時の推定最高価格は

$17,000 = 約190万


  こんなもん買ってられっk

 

最低価格でも目玉が飛び出そうな金額ですが、このブッ飛びPCを買う人は一体どんな人なのでしょう?


 ◆iMac Proを購入するユーザー層

 今巷にあるPCの中でも明らかにこのiMac Proはオーバースペック過ぎます。PCを自作したとしてもこのスペックのPCを作り出すことは容易くはありません。iMac Proはそのくらいのスペックを持っています。


 

 では、超高スペックPCが欲しい人はどんな人でしょうか?


 それはPCの動作が超重くなる作業をしている人たちです。基本的にPCの動作が超重くなる作業は超お金が稼げるケースが多いです。
 例えば、3D CGは相当の高スペックPCでなければ話にならない作業です。CG動画ともなると動画1本で100万円はします(もちろん動画時間にもよりますが)。すると作業が快適になる程儲けが出ます。190万が安く見えますね(たぶん)。


 imac Proを購入するユーザー層で他に思いつくものはプロゲーマーですかね。
ですが3Dゲームでもここまでのスペックは必要ありません。また、プロゲーマーの方は自分にあったPCを自作してしまうのではないのでしょうか?

 

 よって、iMac Proを買う主要なユーザー層は3D CG製作者ということになります。ようは、一般人が手を出すことはなかなかないということです。

 

 ◆Appleの経営

 では、AppleはなぜこんなオーバースペックPCを発表したのでしょうか?

そもそも企業は常に成長をしなければ倒産してしまいます。なぜなら、顧客のニーズは成長していくからです。つまり、Appleは成長していく顧客のニーズに応えようとiMac ProというオーバースペックPCの発表をした可能性が高いです。

 


そこで、Appleの経営について2点問題を挙げます。

・顧客ニーズの違い
 スティーブ・ジョブズAppleのCEOだった時、Appleの発表は決してスペックの向上を推すものではありませんでした。Appleブランドが先行しているため、信じがたいかもしれませんが、Appleの製品は決して最新技術を搭載しているわけではありません。
では、ジョブズは何を推しAppleを一流企業へ伸し上げたのでしょうか。

ジョブズは人々の生活の革命を推したのです。
Appleの商品を買うとあなたの生活はこんなに便利になり快適になります』ということを推しました。

 

 ジョブズ亡き今、CEOがティムさんに変わり経営方針が変わりました。もちろんティムさんの経営が間違っているわけではありません。経営としては一流に思えます。しかし、顧客のニーズを正確に捉えられているようには感じません。そして、経営が一流であるところに2点目の問題があります。

 

 

 

イノベーションのジレンマ
 顧客のニーズには幅があります。PCで言えば上が高性能を望む人、下が低性能でも安いものを望む人です。Appleほどの優良企業は高いニーズを持った顧客のニーズに応え成長していきます。しかし、高性能PCを望む人の割合は安価PCを望む人の割合よりもぐっと少ないですから、高等技術でニーズに応える企業は顧客数が安定しません。そして、安価PCを製造・販売する企業が安定した顧客を確保できるというわけです。これをイノベーションのジレンマと言います。

 つまり、最新技術を取り入れなかったジョブズの経営はこのイノベーションのジレンマに該当しないものだったのです。しかし、ただスペックを高くしただけのPCを販売するようになった今、Appleは崩壊の一手を辿っているのではないのでしょうか?

 

 ◆まとめ

 ここ数年でAppleはスペックの向上を中心に成長を遂げていました。ですが、それは本当に顧客のニーズを捉えた成長と言えるでしょうか?実際に今回のiMac Proを買いたいと思う人は多いでしょうか?必ずしも高スペックが経営を成功させるわけではないということです。

 

 ◆コメント

  私自身 Appleが非常に好きです。なので、衰退して欲しくないと思います。必ずしも衰退するとは限りませんが、ティムさんにCEOが交代した後の製品

iPhone 6
iPad Pro 12.9 inch
Macbook 12 inch
Macbook Pro Touch Bar付

を思い出してみれば、私の中で残念さがこみ上げてきます。

大きすぎてむしろ使いにくくなった製品

USB Type-Cを採用してアダプタまみれになったMac

Touch Barによって生じるファンクションキーの誤操作

唯一の成功はTouch IDだけだったのではないでしょうか?


ここまで酷評してしまいましたが、Appleには期待しているのです。
一人で走らずに顧客と一緒に成長していってほしいと強く願います。


 

では。

 

 

こちらの記事も読まれています。

 

abel-apple.hatenablog.com

abel-apple.hatenablog.com

 

 

 

 

 

11月公開予定!!! iOS 11でできる20のこと 完全まとめ!!!

このサイトはApple公式HPをまとめたものです!!!

 

Apple公式HPでは今年2017年の秋にiOS11が登場すると述べています。

AppleiOS 11をこう述べています。

 

圧倒的な進化をiPhoneに。
驚異的な飛躍をiPadに。

 

 では、具体的にどのように便利になるのでしょうか?

  

 

 

 

 

【対応デバイス

  iOS11に対応するデバイスは以下の通りです。

f:id:Abel_elliptic:20170818230418p:plain


 ご自分のデバイスがiOS11に対応しているかチェックしてみて、続きをご覧になってくださいね(^_^)

 では次にiOSiPhoneの使い勝手がどのように変わるのか見ていきましょう。 

 

iPhone

 iOSを入れることでiPhoneはどのような使い勝手になるでしょうか?

 順に見ていきましょう。

 

 

 

 ◆写真

1.Live Photos。これまで以上にいきいきと。

 カメラで撮影した写真に色々な効果をつけられます!

  • ループ
     動画をループさせたり、選んだ画像でフォトムービーを楽しむことができます。
  • バウンス
     選んだ動画が前に進んだり後ろに戻ったりします。インスタのストーリーみたいですね!
  • 長時間露光
     時間と動きの要素をとらえ、美しい効果を生み出します。今までは一眼レフでなければできなかったことです。

 2.カメラ。あなたの写真をまったく新しいイメージに。

 撮影した画像を色々なフィルタが実装されます!

 iPhone7 plusで撮ることができるポートレート写真は、より表情豊かに。クラシカルな雰囲気を加えるフィルタが追加されます!
 さらにこのポートレート写真ですが、同じクオリティで半分のファイルサイズを実現できます!

 

 ◆App Store

App Store
まったく新しいデザイン。
まったく新しい楽しみ方。

f:id:Abel_elliptic:20170818233213p:plain

 
   App Storeを1から作り直し、見易さを追求したデザインへと変化します。

 

 

 ◆メッセージ

 メッセージ。そのアプリケーションに、さらに少ないタップで。

f:id:Abel_elliptic:20170818233732p:plain


 再設計されたAppパネルを左右にスワイプするだけで、ステッカー、絵文字、ゲームを友だちに送信できます。より少ないタップで要件を伝えることができます。

 

 ◆Siri

 Siri。より自然に、より役立ちます。

・翻訳

 Siriの性能がより一層上がります。例えば、日本語で話しかけたらそれを英語に翻訳してくれます。

・あなたのDJ

 Apple Musicであなたの好きな曲を選んでくれます。


・Quick Type

 文字を入力する時に、映画、音楽、場所など、あなたが最近チェックしたあらゆる名前を提案します。


Safari

 直前に読んでいた内容にもとづいて、Safariで次に何を検索するかをSiriが提案します。そして、オンラインで予約を取ったり、旅行のウェブサイトでフライトを確認したとき、その情報をカレンダーに追加するかどうかを確認したりします。

 

 ◆Apple Music

 Apple Music。新しい音楽が見つかります。友だちのおかげで。

 あなたの友だちがきっかけで、新しい曲やアーティストに出会えます。Apple Musicでは各メンバーが自分のプロフィールを持てるので、友だちがシェアしたプレイリストや、よく聴いているアルバムとステーションをチェックできます。

 

 ◆Air play2

 AirPlay 2。我が家がいい音で鳴り出します。

 家中にあるホームオーディオシステムやスピーカーをコントロールできます。日経つの部屋で同時に同じ曲をかけることも、部屋ごとに音量を調整することも、複数の音楽の再生を瞬時にスタートさせることもできます。

 

 ◆コントロールセンター

 コントロールセンター。あなたに合わせてカスタマイズ。

 コントロールセンターのデザインが一新され、カスタマイズできるようになります、。3D Touchを使うことでより多くのコマンドを使うことができます。

 

 ◆ロック画面

 ロック画面。 すべての通知が、一つの便利な場所に。

 すべての通知を表示させたい時は、画面の一番上からカバーシートのように下ろすだけ。最近の通知と見逃した通知の両方が一か所に表示されるので、一目で確認できます。

 

 ◆おやすみモード

 おやすみモード。 運転以外のことはおやすみしましょう。

 あなたが車を運転している可能性をiPhoneが感知します。運転中は電話、テキストメッセージ、通知に気にする必要はありません。連絡してきた人には、あなたが運転中であることを自動的に通知します。

 

 ◆マップ

 マップ。 道路も通路も案内します。

 初めての場所へ行く時も、最寄りのカフェを探す時も、外出する時はマップを使えばあらゆることがスムーズになります。屋内のマップや車線を知らせることができるので、移動がこれまで以上に簡単になるでしょう。

 f:id:Abel_elliptic:20170819000214p:plainf:id:Abel_elliptic:20170819000217p:plain

 

 ◆QuickType

 QuickTypeキーボード。 タイピングを片手で簡単に。手放しで喜べるニュースです。

地球アイコンのキーを長押しして片手入力ができるようになりました。大きくなったiPhoneで需要が高まった機能です。

 

 ◆自動セットアップ

 自動セットアップ。 最高のスタートダッシュを。

 iPhoneまたはiPadを、これまで使っていたiOSバイスに近づけるだけで、あなたの個人設定と環境設定そしてiCloudキーチェーンのパスワードがすばやく安全に読み込まれます。

 

 

さて、続いてiOS11を入れたときにiPadでできることをまとめました。

 

 

 【iPad

 

iPad

一から十一までパワフルに。

 

 

 

 ◆ファイル

 ファイルアプリケーション。どこにあっても、ここにあります。

 全てのファイルを一箇所に集めて管理します。iCloud Driveの中、さらにはBoxやDropboxといった他社のサービスに保存したファイルにもアクセスできます。

 

 ◆Dock

 新しいDock。 一つ上の便利さを、一番下に。

 Mac特有のDock。どの画面からでもアクセスできます。自分の好きなアプリケーションを好きなだけカスタマイズすることができます。

f:id:Abel_elliptic:20170819001826p:plain

 

 ◆マルチタスク

 マルチタスキング。 一段とマルチに活躍します。

 2つのアプリケーションをDockから起動できます。

f:id:Abel_elliptic:20170819002031p:plain

 

 また、  ドラッグ&ドロップを行うことで、マルチタスク間でコピー&ペーストができるようになりました。

f:id:Abel_elliptic:20170819002138p:plain

 

 ◆Apple Pencil

 インスタントマークアップ

 PDFやスクリーンショットに簡単に注釈を加えられるようになります。

f:id:Abel_elliptic:20170819002405p:plain

 

 ◆インスタントメモ

 インスタントメモ

 Apple Pencilでロック画面をタップするだけで、すぐにメモを撮ることができます。

 

 ◆インラインスケッチ

 インラインスケッチ

 メモアプリケーションで書き始めると、周りのテキストが自動的に脇によけてくれます。さらに、手書きの文字も検索できるようになります。

 

 ◆スキャンして署名

 スキャンして署名

 メモアプリケーションの新しいドキュメントスキャナ機能が、書類を自動的に感知してスキャンし、端の余分なスペースをトリミングして、あらゆる傾きや光の映り込みを取り除きます。Apple Pencilを使って空欄を埋めたり、署名することもできます。

 

 ◆QuickTypeキーボード

QuickTypeキーボード。 入力はフリックでクイック。

文字も、数字も、記号も、句読点もこれからはすべて同じキーボード上にあるので、切り替える必要はありません。入力はキーを下にフリックするだけ。

 

 

いかがでしたでしょうか?

今までiPadを『でっかいiPhone』 と説明してましたが、これからはそうもいかないようです(^ ^)

Dockが実装されてApple pencilも使いやすくなりiPad Proユーザー大喜びです(o^^o)

この秋が待ち遠しいです(-ω-)b

 

 

 

 

2017年度のAppleの新製品を本気で予想してみたったwww

2017年度のAppleの新製品を本気で予想してみたったwww

毎年 新商品を発表するAppleですが、2017年にはどのような発表を行うのでしょう? 今までの傾向から予測してみたったよ!!!

 

1 iPhone7s/7s plus

2 iPad Pro 7.9 inch

3 新型iMac ( &Touch Bar付きMagic keyboard)

4 Apple Watch series3

 

 

1.iPhone7s

f:id:Abel_elliptic:20170226170920j:plain

 

 

☆なぜ8ではなく7sなのか

 

A,数字が変わるときはiPhoneに新たに大きな機能が追加されます。

そのため、大きな機能を追加するまでの期間の中間としてsシリーズを作ったのではないかと考えられます。

しかし、決してティムさんがサボっているわけではなく(笑)

最近のAppleはハードウェア以上にソフトウェアに力を注いでいるからです。

功績のうちの例として、iCloud Driveなどが挙げられます。

 

また5→5s , 6→6sといったようなsシリーズが続いているので、

7の次は7sになるのではないかと予想できます。

 

では今までのsシリーズになった時の変化の傾向を見てみましょう。

 

iPhone5→→iPhone5s

背景:

ジョブズの死

 

変化:

・チップ強化

Touch ID搭載

・カメラ強化(スローモーション対応,自動手ぶれ補正,バーストモード)

 

iPhone6→→iPhone6s

背景:

iPhoneのバッテリー不足

・デバイスサイズの多様化

 

変化:

・カメラ強化(画素数,4K対応)

・バッテリー強化

・メモリ強化

3D Touch対応

・チップ強化

 

iPhone7→→iPhone7s(予想)

背景:

・他社製品との差別化

Apple製品との互換性強化

・耐水から防水へ

 

変化:

・カメラ強化(ポートレート搭載&強化)

・チップ(Apple A11)

・顔認証搭載

 

iPhone8では有機ELによるディスプレイやベゼルがなくなり

全面がディスプレイになるのではないかと言われています笑

 

 

2.iPad Pro 7.9 inch

f:id:Abel_elliptic:20170226171008j:plain

 

 

iPad miniと同じサイズでPro バージョンが出るのではないかと予測しています。

Pro版になることで、どのようなことが想定されるか予想しました。

 

・チップ強化

・カメラ強化

Apple Pencil 対応

・専用のSmart keyboard発売

・スピーカーが上部にも搭載(今までは下部にのみ搭載)

True Toneディスプレイ搭載

 

 

『これだけ?』と思いますがこれだけです。

意外とProシリーズってこのくらいの進化しかないんですよね。

これだけでiPad Air2iPad Pro 9.7inchでは¥20,000くらい違います。

 

 

3.新型iMac

 

f:id:Abel_elliptic:20170226171201j:plain

 

2014年に5KモデルのiMacが発表されてから新型のiMacは発表されていませんでした。

2017年では、iMacにも大型強化がなされるのではないかと考えています。

 

CPU強化

第7世代の最新CPU Kaby Lakeを搭載

GPU強化

新型MacBook Proよりも高性能のCPU内蔵GPUIntel Iris Pro 580を搭載

・新型Magic keyboard

Touch Bar搭載のMagic keyboardです。

 

f:id:Abel_elliptic:20170226171353j:plain

 

これによりTouch IDによる指紋認証ロック解除が可能になる

Thunderbolt3搭載

いわゆるUSB-TypeCです。

今までのUSBポートやSDカードスロットやHDMIポート,Mini DisplayPortを廃止する可能性が非常に高いです。

 

4.Apple Watch series3

f:id:Abel_elliptic:20170226171436p:plain

 

Apple watchにも新しいseriesが登場すると予想しています。

Apple watchは基本的に脈を測り運動の手助けや、iPhoneにくる通知を見ることができます。

さらに、smartバイスである以上にApple Payや、近づけるだけでMacのロック画面を解除することができます。

しかし、デメリットとして文字を入力することができません。

 

・文字入力対応

・耐水から防水へ

 

 

まとめ

全体的に進歩が薄いですね。

意外と例年こんなもんです。

ここまで傾向から予測を立てましたが、

Appleはこの予想を超える爆弾を投げてくれることを期待して春を待ちましょう笑

 

 

ご閲覧ありがとうございました。

 

 

Twitter→@

 

 

 

iMacが届いたぞーーー !!!(設置編)

iMacが来たゾォォ!!!

f:id:Abel_elliptic:20170108141917j:plain

 

ウッヒョでっけーかっけ部屋汚ねーーーー!!!!!

買ったモデルはこんな感じ!!


f:id:Abel_elliptic:20170108141938p:plain

 

ここで豆知識☆

iMac Retina4K 21.5型のiMacは買った後にメモリの増設はできないから

買うときはメモリを幾つにするかよ〜く考えることをオススメするゾ!!


6日待ってようやく来た〜〜〜ウッヒョォォォォオオオオオ(興奮中)


f:id:Abel_elliptic:20170108141934j:plain

 

これがMagic Keyboardか......!!!

発泡スチロール上部が箱の形に切り取られていて
綺麗に梱包されてたのはちょっと感動...笑


f:id:Abel_elliptic:20170108142012j:plain

 

Keyboardの下はこんな感じ!!

左が説明書 右がMagic Trackpad2


f:id:Abel_elliptic:20170108142029j:plain

 

これを....

 

f:id:Abel_elliptic:20170108142044j:plain

 

こうじゃ!!!(剝いただけ)

 

f:id:Abel_elliptic:20170108142130j:plain

 

そしてiMacドーンッッ!!!

 

f:id:Abel_elliptic:20170108142059j:plain

 

 こうじゃ.....!!!

 

f:id:Abel_elliptic:20170108142114j:plain

 

ウッヒョォォォオオオオオ

 

なんか勿体無くて最後のペリペリ剥がせない...笑

 

これが電源コード...!!!!

f:id:Abel_elliptic:20170108141953j:plain

 

アースついてるけど、これ使ってる人いるのかね...笑

 

 周辺機器を取り付けて完成ッッ!!

f:id:Abel_elliptic:20170108194836j:plain

 

感想
  • iMacはインターフェースが背面にあるのでUSBハブは必須かな
  • 電源ボタンも背面だから起動がまだ慣れない笑
  • Trackpad2がどこを押しても沈み込んでクリックできるのがまだちょっと慣れない笑
  • いやもうかっこよすぎでしょ笑

 

iMacについての使用感に関する質問等あればTwitterでお答えします。

 

ご閲覧ありがとうございました!!

 

Twitter→@

 

 

 コチラの記事も読まれています

www.abel-elliptic.com

 

Air Podsを買う人 買わない人の違いとは!?

Appleの純正ワイヤレスイヤホン『Air Pods

通称『耳うどん

f:id:Abel_elliptic:20170105215440p:plain

{Apple公式HPより http://www.apple.com/jp/airpods/ }

 

関心を持っている人は多いと思います

そこで買う人、買わない人は重要視しているのが違うから何ですが、

Air Podsの特徴はなんでしょうか?

見ていきましょう

 

特徴 ◆耳からうどんが出ている
Apple製デバイスとワイヤレス接続
◆ケースから取り出すとデバイスと自動接続を行う
◆価格が¥16,800(税抜) ¥18,144(税込)
◆タップすると音楽再生停止やSiriを起動することができる
◆片方でも耳から外すと音楽が自動で停止する
◆1回の充電でのバッテリー駆動時間:5時間
◆15分の充電でのバッテリー駆動時間:3時間
◆ケースがバッテリーになっている
◆ケースでの充電を使用したときのバッテリー駆動時間:24時間以上
◆周囲のノイズを自動で検知し除去する
◆充電はLightningケーブル(iPhone充電ケーブル)で行う
◆マイク内臓
◆落としそう
◆落としたときの保証はない
◆片耳だけ購入することが可能{2017年1月5日現在 準備中}
◆落下防止のストラップが存在する

 

・買う理由
  1. コードレス
  2. 充電が長持ち
  3. 自動接続やタップによる操作でiPhoneを取り出す必要がない
  4. 最先端
  5. Apple

 

・買わない理由
  1. ダサい
  2. 充電が手間
  3. 落としそう
  4. 高い

 

 

僕は "買わない"派です

理由
  1. 落とす{大概の人がスマホを落とす経験がある中、Air Podsを落とさない自信がない}
  2. イヤホンにこだわりがない{一応Bluetoothイヤホンを持っている}
  3. 耳にフィットしなそう{イヤホンの大きさの調節ができないため}


主にぜってー落とすなって思ってるので買わないかな。

 

では。

 

abel-apple.hatenablog.com

 

abel-apple.hatenablog.com

 

 

 

この時期にiMacを購入した理由とは!?

2017年1月2日

Appleにて初売りが行われました!!!

内容 iPhone(6s se 7)を購入     → ¥5,500のAppleギフトカード
Apple Watch Series 1を購入→ ¥3,000のAppleギフトカード
(mini除く)Macを購入    → ¥16,500のAppleギフトカード
Apple TVを購入       → ¥3,000のAppleギフトカード

 

ギフトカードなんだね....いや素直に割引して欲しかった。

 

7時間少々悩んでiMacを購入

具体的にはこんな感じ

f:id:Abel_elliptic:20170104220717p:plain

用途は動画編集で、そのためにCPU intel Corei7とRAM16GBが欲しくて...笑

 

値段は税抜き¥192,800 税込で¥208,224

これに¥16,500のAppleギフトカードがもらえます

 

実質¥191,724になります。消費税がなくなるみたいな感じですね。

学生割引で購入すると同じタイプで税込¥193,212

 

まあ¥1,500くらいしか変わらないのですが、僕はどうしても"今の"iMacが欲しかったのです。

今のiMacが重要である理由Appleが今年新型iMacを発表する可能性が非常に高い
◆新型iMacには十中八九 USB Type-C(Thunderbolt3)が搭載される
Appleがここ数年で発表する新製品の値段が高くコスパに見合っていない
◆USB Type-C(Thunderbolt3)の周辺機器が高い
ジョブズが作り残っている遺産の一つ
コスパが非常に良い


兼ねてからiMacを買うつもりではあったので、一番安く手に入る 初売りで購入しました
(ほんとは20万払っているんだけどね笑)

 

もらったAppleのギフトカードでAir Podsが実質無料になりますし、
ipod touchが¥4,000くらいで買えるみたいなもんです。

 

到着が楽しみです。

 

届いたらまたレビューさせていただきます^^

ご閲覧ありがとうございました。

 

Twitter→@

 

 

2017年 Apple 福袋『Lucky Bag』中身をガチ予想

2017年 Apple 福袋『Lucky Bag』中身予想


そもそもLucky Bagとは...

 

例年、Appleで行われる福袋の販売です。詳細は以下の通りです。

日時:1月2日 10:00~12:00頃で完売(営業は18:00まで)
場所:Apple直営店
価格:4万弱(年々増額)
その他:福袋の購入のため例年長蛇の列を作る。前日(1月1日)の12:00までに並べばギリギリ購入できると目安が立てられている。長蛇の列が問題となり、2016年度は福袋が販売されなかった。

 

では、2015年の福袋から中身の傾向を導きましょう。

 

販売価格¥38,800

2015年度に共通で入っていたもの
Apple TV:¥9,800
Beats PowerBeats2 ワイヤレスインイヤーヘッドフォン:¥20,600
Mophie Powerstation バッテリー 4000mAh:¥8,800
Incase ICON Slim Pack Backpack:¥15,800
iTunes Card:¥1,000~¥50,000
小計:¥56,000~¥105,000


通常:iPod touch 16GB:¥20,800
合計:¥76,800~¥135,800

小アタリ:
iPad mini 3 16GB:¥42,800
UE BOOM 耐水ワイヤレススピーカー:¥18,800
小計:¥61,600
合計:¥117,600~¥166,600

中アタリ:
iPad Air 2 16GB:¥53,800
UE BOOM 耐水ワイヤレススピーカー:¥18,800
小計:¥72,600
合計:¥128,600~¥177,600

大アタリ:
MacBook Air 11インチ 128GB:¥88,800
Twelve South PlugBug World:¥4,400
Power Support Air Jacket for MacBook Air 11インチ(限定カラー):¥4,800
小計:¥98,000
合計:¥154,000~¥203,000

 

以上からわかることを列挙します。これは2015年よりも前の年の福袋にも言えることです。

◆それぞれの目玉商品は必ず最新のAppleのデバイスである。(2016Lateなども含め)
◆目玉商品にはAppleバイスと一緒に使える商品が含まれる
◆最低でも買値の約2倍の商品が得られる。最高で5倍近く。
◆共通して入っている商品で買値の約1.5倍(iTunesカードを除く)
◆共通して入っている商品はスマホを持つ全てのユーザーが使えるもの。つまり貰って困るものは入れない。
◆操作性において技術的困難を生じる商品がない。

 

今年新たに販売されたApple製品。
1 iPhoneSE
2 iPad Pro 9.7 inch ¥62,800(32GB Wi-Fiモデル)
3 Apple watch series2 ¥37,000(38mm)
4 iPhone7&7plus
5 新型Macbook Pro ¥148,800(13 inch 2.0GHz 256GB メモリ8GB)
6 Air pods ¥16,800(2016年12月24日現在 6週間待)

 

iPhone系統は例年の傾向からみてまず福袋には入らないでしょう。
Air Podsも2016年12月24日現在の時点で6週間待ちですから、福袋には入ることは難しいでしょう。


今年販売されなくなったApple製品
Macbook Air 11 inch ¥88,800 (推定)
(新型Macbook Proの発表により)

 

例年、Lackybagの大アタリの主役を務めていた彼が退役してしまったのです。

これらの条件や価格の設定から2017年度のLucky Bagが販売された時の中身を予測して見ました。

(あくまで個人の予測です。なんら中身の確定を示すものではございません。)

販売推定価格¥43,000 共通で入っている商品
◆AppleTV ¥15,800
◆Incase City Collection Compact Backpack(Apple限定バッグ) ¥11,800
◆mophie powerstation plus ユニバーサルバッテリー 6000mAh ¥9,800
◆Beats Solo3 Wirelessオンイヤーヘッドフォン ¥29,800
iTunes Card:¥1,000~¥50,000
小計¥68,200~¥117,200

Air Podsは2016年12月24日現在の時点で6週間待ちなので、Appleがサプライズで上記のワイヤレスヘッドホンの代わりに入れるとしたら、予約者からブーイングが殺到しそうですね。。。

通常:ipod touch 16GB ¥20,800
合計:¥89,000~¥138,000

小アタリ:
Apple watch series2 ¥37,000(38mm)
Ultimate Ears UE BOOM 2ワイヤレススピーカー ¥23,800
小計:¥60,800
合計:¥129,000~¥178,000

中アタリ:
iPad Pro 9.7 inch 32GB ¥62,800
iPad ProのためのApple Pencil ¥10,800
iPad ProのためのSmart Keyboard ¥15,800
小計:¥89,400
合計:¥157,600~¥206,600

大アタリ:
Macbook Air 13 inch ¥98,800(128GB 1.6GHz)
Power Support Sir Jacket for Macbook ¥6,900
Magic Mouse 2 ¥8,800
小計:¥114,500
合計:¥182,700~¥231,700

 

値段の比率は例年の倍率(販売価格に対するに対する商品合計の割合)になっております。

(あくまで個人の予測です。なんら中身の確定を示すものではございません。)

 

懸念される点Apple watch series2は38mmケースか42mmケースかでユーザーを選んでしまう可能性がある。
・2016年はAppleが新型Macbook Proを発表し、USB Type-C(Thunderbolt3)を全面的に推してきたことから、Luckybagという一大イベントでもUCB Type-Cを推してきてもおかしくなく、この予想にはそれが含まれていない。
Appleにしてはサプライズ感が乏しい。
・luckybagを販売しない可能性がある。

 

以上が僕 個人の2017年Apple Luckybagの中身の予想でした。

 

ご閲覧ありがとうございました。

 

Twitter→@